矯正用インソール

矯正用インソールとは

 

矯正用インソール 効果

矯正用インソールとは名前の通り、足部の乱れた骨配列(アライメント)を正常な位置に戻すものです。

そうすることで体の様々な痛みを改善したり、正しい歩き方ができるようになります。

スポーツ店のインソールは身体に何か影響を及ぼすものではありません。

衝撃を吸収したりアーチ(土踏まず)をサポートすることが目的となります。

怪我の軽い予防を目的としたものです。

矯正用インソールが医薬品(治療目的)だとすれば普通のインソールは医薬部外品(軽い予防目的)です。

海外には日本ではほとんどいないポダイアトリー(足病学)という足部疾患専門に研究や治療を行っている分野があります。

それがポダイアリスト(足病医)という足専門のドクターです。

非常に長い歴史から日本の足部医療に比べると約30年は進んでいると言われています。

その足病医が処方するインソールがオルソティック(矯正用インソール)です。

足部の構造医学から原因を調べ、それを改善する為に何百万もの臨床データから開発された医療用のインソールを使った治療法なのです。

足の機能を最大限に活かす為に作られたオルソティック(矯正用インソール)の効果は目を見張るものがあります。

オルソティック(矯正用インソール)は大きく分けて2つの種類があります。

まず1つは足型から取り,ゼロから作り上げていくフルオーダーメイドのインソール。

もうひとつはカスタムメイドです。

フルオーダーメイドは長く使えますが時間と費用がかかります。

カスタムメイドはすぐに処方でき、時間とともにその人の足に合った形に成形されていきます。

それがフォームソティックス メディカルです。

もちろん処方するには正しい診断や検査が必要です。スポーツ店やネットでは購入できません。

矯正用インソール なぜ必要?

いくら骨盤矯正をしてもマッサージで筋肉を柔らかくしてもまた元に戻ってその場しのぎになってしまいます。

台である足の骨が歪んでいると、どんなにいい治療をしても同じことの繰り返しになってしまいます。

足は歩くと体重の1.2倍、走ると3倍の負荷がかかるといわれています。

例えば体重60キロの人が一歩歩くごとに72キロの負荷がかかります。

人間は一日に平均7500歩ほど歩くと言われています。

そうすると一日540トンもの負荷が足に掛かかります。

当然骨盤や膝、背骨などの大きな骨より歪みやすくなります。

身体を『芯部』から良くしようと考えた時足元の治療は外せません。

 

矯正用インソール 対象症状

  • 膝痛
  • 腰痛
  • 外反母趾
  • 腸脛靭帯炎(ランナー膝)
  • 体幹の安定性向上
  • 足底筋膜炎
  • 鵞足炎
  • シンスプリント
  • モートン病
  • アキレス腱炎
  • 姿勢の改善効果
  • スポーツのパフォーマンスを上げたい

上記症状でお困りの方は是非ご使用ください

矯正用インソール 普通のインソールとの違い

通常、運動靴にはほとんどインソールが入っています。

そのほとんどの目的がアーチ(土踏まず)のサポートやショック吸収です。

スポーツ店で購入できるのはその機能が少しいいものです。

矯正用インソール(医療用装具)の目的

  • 乱れた足の骨を正しい位置に戻す
  • 正しい歩き方や身体機能を最大限使えるようにする
  • 足が原因で出ている身体の様々な痛みを改善する
  • ショック吸収

普通のインソールの目的

  • ショック吸収
  • アーチ(土踏まず)サポート

 Q&A

 
 
痛みがない人や足の骨の位置が正常な人は使用する意味はありますか?
  
フォームソティックスは歪んだ足の骨を正しい位置まで矯正します。
 
しかし、それを通り越して矯正することはありません。
 
ですのでもし、正常な方がされても悪くなることはありません。
 
むしろ悪くならないように予防することができます。
 
また体幹の力が入りやすくなり、足の指の力も入ります。
 
そうすると運動のパフォーマンスも上がりますこれは検査時にテストで体感していただくことができます。
 
誰にでも合いますか?
  
人間は左右の足の長さや大きさ、筋力、体重も様々です。全ての人に万能なインソールというのはないのかもしれません。
 
フルオーダーメイドであっても同様です。
 
ただフォームソティックスは、体重と体温でその人の足の形に変化していきます。(矯正部の形は変わりません)
 
そして合う合わないというより、どんな人間でも持っている歩行時の機能であるヒールロッカー、アンクルロッカー、フォアフットロッカーを最大限に使えるよう正しくサポートすることを目的としています。
 
そのために距骨と踵骨の位置を正常に近づけます。
 
ですのでそういう意味では全ての人に適応します。
 
 
矯正用インソールを履いていると、どれぐらいで骨が正しい位置になりますか?
  
矯正用インソールは履いていただいた直後から歪んだ足の骨の位置を本来あるべき骨の正しい位置に近づけます。
 
ただし履き続ければいつかは矯正用インソールがなくても大丈夫では?と思いませんか?
 
これは海外の足病医のドクターも同じ答えですが「NO」です。
 
いちど歪んでしまった足の骨は基本的に完全に戻りません。
 
ただ履き続けることによりアーチが今までより高くなった方はいらっしゃいます。
 
ということは多少なりとも骨が正しい位置に矯正されているということです。
 
しかし、これは全ての方に当てはまることはありません。
 
ですので基本的には眼鏡と同じでずっと矯正用インソールを入れ続けなければなりません。
 
 
毎日履いてないといけませんか?
 
靴を履いているときは常に矯正用インソールを入れていただいた方がより効果的です。
 
 
 
電話でご予約!